スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ネットで広まる 職場でこっそりツイッターをする方法(産経新聞)

 職場で周囲に気づかれずにツイッターを見る方法がネットで広まっている。ツイッターといえば、水色の画面が特徴だが、h13i32maruさん(ハンドルネーム)が開発した「Custom Twitter」でソフトをインストールすると、画面をグーグルの検索結果のようなレイアウトにすることができる。また、「Tweet Console」では、プログラミングをしているような画面でツイッターを閲覧、投稿することができる。これで上司の目の前でも、ツイッターにいそしめる?

【関連記事】
芭蕉の故郷で“つぶや句”ツイッター俳句 7月開催
ネット戦略には意欲的だが…ツイッターに警戒示す陣営も
群馬県議会がツイッターで情報発信 都道府県議会では全国初
難題はツイッター更新の時間確保か 香川の自民新人ら活用
オランダ、差別動画でツイッター使用禁止
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

雑記帳 競馬場で「本命当てちゃおう」婚活 盛岡(毎日新聞)
木村前会長を任意聴取=役員ら数人からも―振興銀の銀行法違反事件・警視庁(時事通信)
県議辞職でトリプル選 選挙費削減ならず 滋賀県選管(産経新聞)
タイで拘束の男、2人目逮捕=不法入国手助け容疑―千葉県警(時事通信)
福島県浜通りで震度5弱(産経新聞)

<安住選対委員長>現職重視の支援 国民新側に要請(毎日新聞)

 民主党の安住淳選挙対策委員長は8日、国民新党の下地幹郎選対本部長と民主党本部で会談した。安住氏は会談で、国民新党側に対し現職重視で支援するよう要請した。これまで、小沢一郎前幹事長は新人候補を優先して支援するよう求めており、選挙支援体制でも「脱小沢」が進んでいる。

 また安住氏は国会内で社民党の渕上貞雄選対委員長とも会談、参院選での選挙協力を継続する方向を確認した。ただ、社民党は連立離脱に伴い選挙区での独自候補擁立を増やす方向で、具体的な選挙協力の行方は不透明だ。【朝日弘行、塙和也】

【関連ニュース】
民主党:参院複数候補区「見直しも」 安住選対委員長
菅首相:「枝野幹事長」発表 代理に「親小沢」の細野氏 樽床氏、国対委員長に
選挙:参院選 民主・安住氏、複数擁立「見直しも」

<交通事故>ワゴン車とトラックが衝突 5人死傷…宮城(毎日新聞)
あのSFやファンタジー小説はこんな環境で書かれた…著名作家たちの書斎いろいろ
トイレ監禁の次男 「チャンス逃せば死んでしまう」(産経新聞)
空港需要予測など批判も…運輸政策研究機構とは?(産経新聞)
「財政の立て直しで役割果たす」−野田佳彦財務相(医療介護CBニュース)

中核派3人に有罪=迎賓館迫撃弾、差し戻し審―東京地裁(時事通信)

 1986年の東京サミットで迎賓館などに迫撃弾が発射された事件に関与したとして、爆発物取締罰則違反罪に問われた中核派活動家の須賀武敏被告(65)ら3人の差し戻し審判決が2日、東京地裁であり、林正彦裁判長は須賀被告に懲役11年(求刑懲役15年)を言い渡した。ほか2人も有罪とした。
 一審東京地裁は3人を無罪としたが、二審東京高裁は「実行役との共謀がかなり強く推認される」として地裁への審理差し戻しを言い渡し、最高裁も被告側上告を棄却していた。
 差し戻し審判決で林裁判長は、アジトで見つかったメモの筆跡などから、3人が犯行に使われた迫撃弾の製造に関与したと認定した。
 判決によると、須賀被告らは実行役と共謀し、86年4月に在日米軍横田基地に、同5月に迎賓館に向けて、迫撃弾を発射した。 

【関連ニュース】
ネットで劇物販売容疑=会社員の男を書類送検
爆発物騒ぎで、男を逮捕=ハローワークに包み置く
ハローワークで爆発物騒ぎ=電話に続き、男が包み置く
首相官邸に不審物届く=中身は乾電池など
東京駅に爆弾!テロ訓練=APEC控え駅員ら真剣

緑いっぱい、ニコタマ公園 世田谷区が計画案(産経新聞)
退陣に伴う代表戦出馬について「現時点では、白紙」 前原国交相(産経新聞)
社民執行部、連立離脱を提案…全国幹事長会議(読売新聞)
首相問責決議案、社民+民主造反3で可決も(読売新聞)
財政中期フレーム、会期中に=野田財務副大臣(時事通信)

皇太子さま 淡路花博を視察 人形浄瑠璃も鑑賞(毎日新聞)

 皇太子さまは22日、第21回全国「みどりの愛護」のつどい(23日)に出席するため兵庫県入りし、淡路市で開かれている「淡路花博2010花みどりフェア」を視察した。会場では、県立淡路三原高の郷土部員が淡路人形浄瑠璃を上演。鑑賞した皇太子さまは「素晴らしかったですね」などと部員に話しかけ、人形を実際に動かしてみたりした。

豪族の送霊船を描いた円筒埴輪など出土 京都(産経新聞)
鉄球、水にプカプカ…特殊技術に注目(産経新聞)
社民党の「ぐじゃぐじゃ」迷走 連立離脱するのかしないのか(J-CASTニュース)
「日本海庄や」過労死訴訟、経営会社に賠償命令(読売新聞)
署へ向かうパトカーの中、加藤被告は泣いていた 秋葉原殺傷事件(産経新聞)

<淀川女性遺体>養父母宅に睡眠薬 被害者から検出と同成分(毎日新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防斜面で先月29日、宇野津由子(つゆこ)さん(当時36歳)=大阪府豊能町=の遺体が見つかった事件で、宇野さんが実父に「養父母から養子になることを強く迫られた」と漏らしていたことがわかった。養子になった直後、宇野さんには養父母を受取人とする多額の生命保険がかけられており、府警高槻署捜査本部は養子縁組の経緯について詳しく調べている。一方、捜査本部は宇野さんの遺体から検出したものと同じ成分を含む睡眠導入剤数十錠を、養父母宅から押収した。

【関連記事】淀川女性遺体:被害者周辺の白い車を押収、検証…大阪府警

 関係者によると、宇野さんはインターネットで知り合った豊能町の養父母宅で同居することになり、今年2月ごろ、養子になったとされる。その後、計数千万円の保険をかけられていた。

 宇野さんは養父母との同居について、実父に「住み込みの仕事」などと説明していた。しかし、養子になったことについては「養父母に強く迫られたから」などと、自らの意思ではなかったことを強調していたという。

 また、近所の人は養母から、宇野さんについて「夫の妹。1人暮らしをさせてたけど、『何をしてもあかん』と言うから、こっちで引き取った」などと紹介されていた。

 捜査本部は、養父母が宇野さんに養子縁組を迫る一方で、周囲に「妹」「昔からの知人」などと事実でないことを言い、養子縁組のことを隠していた可能性があるとみており、この経緯が事件と関連しているかどうかについても、慎重に捜査している。

 一方、捜査本部が養父母宅から押収した睡眠導入剤は、同居していた宇野さんが処方を受けたものではなかった。捜査本部は、睡眠導入剤を所有していた経緯などについて、養父らから事情を聴いている。

【関連ニュース】
<関連記事>大阪・高槻のポリ袋遺体:養父ら3人聴取へ 別の50代女性も変死
<関連記事>大阪・高槻のポリ袋遺体:女性に多額の保険 同居夫婦と養子縁組後
<関連記事>大阪・高槻のポリ袋遺体:同居夫婦の知人変死 50代女性にも保険金
<関連記事>大阪・高槻のポリ袋遺体:36歳女性と判明
<関連記事>大阪・高槻のポリ袋遺体:女性遺体、豊能の36歳 家族が行方不明相談

「さすがQちゃん!」 出馬要請拒否に絶賛の声(J-CASTニュース)
夕張メロン 今年は小ぶり 出荷始まる(毎日新聞)
<国際バラ展>個性豊かな庭も 西武ドームで12日開幕(毎日新聞)
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」 (産経新聞)
橋下知事 普天間問題で「要請あれば、関西で受け入れ検討」(産経新聞)

法律相談めぐり綱引き 「士業」が連携サイト、弁護士増に対抗(産経新聞)

 司法制度改革で急増した弁護士が、これまで敬遠していた小さな仕事も受任するようになったことに対抗して、司法書士や行政書士などの弁護士以外の「士業者」がインターネットサイトを使い連携しあう動きが活発化している。関西の士業者による交流会は税理士や社会保険労務士など10士業者による横断型の検索サイトを立ち上げた。当初は弁護士も参加していたが、弁護士会が「非弁だ」とクレームをつけるなど、お互いの「職域」をめぐる綱引きが激化している。

 弁護士白書によると、平成21年3月現在の弁護士数は2万6930人で10年前の約1.5倍に急増。この結果、これまで弁護士が受任することが比較的少なかったとされる従業員の不当解雇や交通事故のトラブル、養育費の支払い請求など、報酬が数万円程度の案件も積極的に受任する若手弁護士が増えているという。

 一方、弁護士以外で法律にかかわる士業者は司法書士や行政書士のほか、税理士、公認会計士、社会保険労務士など多岐に渡る。しかし、それぞれの担当業務が熟知されているわけではなく、依頼者はだれに相談すればよいか分からず、探し方も知らないのが現状だった。

 こうした中、大阪や神戸の若手士業者らでつくる「関西士業交流会」を主宰する社会保険労務士の天野勝規さん(33)が顧客の開拓と利便性向上を図ろうと、20年2月に士業者検索サイト「まほろば」を開設。現在は税理士や社会保険労務士など10種類の士業者約250人が登録し、毎月2万人が閲覧するまで成長した。

 まほろばには当初、弁護士も登録していたが、士業者の非弁活動をめぐり監視を強めている大阪弁護士会が「弁護士の選定に関与すれば非弁活動にあたる」とクレーム。このため、今年1月末に弁護士の登録を抹消した。

 職域をめぐって「弁護士」対「他士業」の構図が鮮明になる中、まほろばのメンバーは士業者同士のネットワークを生かした「ワンストップサービス」にも乗り出した。例えば、依頼者から遺言の相談を受けた司法書士が、サイトに登録している税理士に相続税の相談を引き継ぐなど、顧客の“囲い込み”で対抗している。

 天野さんは「今後はインターネットにとどまらず、別の士業者同士が事務所を合併するなどつながりを深めることで『ワンストップ化』をより強化する流れになるのでは」と話している。

【関連記事】
ワンストップ・サービスで「支障」6割…自治体は嫌々?
失業者の相談 ワンストップ・サービスの前途は多難
関西の主体「最終的には道州制」と橋下知事
「便利」「生活保護の申請も一緒に」新サービスに利用者続々
「高差」「うちこ」隠語は健在…警視庁ネットハンターが狙う闇サイトの“急所” 
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<横須賀線>女性はねられ死亡 5万人に影響(毎日新聞)
<原爆の子>サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
3月税収2.4%減=主要税目、回復基調に(時事通信)
<京都地裁>裁判員6割の辞退許可…9日間の審理が影響?(毎日新聞)

高速新料金再見直し「無料化と矛盾させない」と首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日朝、民主党の小沢一郎幹事長ら党側の要望を受け、すでに発表していた高速道路の新たな上限料金制の見直しを決めたことについて、「ずっと党と詰めてきたが、割引(財源)は見直した方がいいとなった。無料化の方向と矛盾しない形で、双方が理解できる形の決着をしていく」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

 新制度では、高速道路料金の割引財源の一部を高速道路建設費に流用できることにしている。首相は「建設は行うというのが党の考えだ。建設と割引はそのままで、高速道路は無料化する方向に考えている」と語った。

 政策決定を政府に一元化するとする鳩山政権の方針と矛盾するとの指摘については「一元化の流れだから、政府が引き取って問題を見直す発想になった」と強調した。

【関連記事】
高速新料金見直しへ 政府・民主首脳会議で小沢氏要請、国交相反発
「高速新料金は8割の人が値上げ」 瀬直樹・東京都副知事
21年度の運輸収入が民営化以降で最大の落ち込み JR西日本
GW、国内線予約は2割近く増加 日航と全日空
谷垣氏「首相は発言が軽い」 党首討論
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

自立支援法訴訟 東京地裁でも和解成立 一連の14件終結(毎日新聞)
赤いシャボン玉を公開=長女の夢、山崎さんが宇宙で(時事通信)
「金を出せ!アホんだら!」コンビニ強盗、10万円わしづかみ(産経新聞)
ついに自衛隊までが参入 募集ポスターに「萌えキャラ」(J-CASTニュース)
首相、徳之島1万5千人集会は「一つの民意」(読売新聞)

「ニュースばかりみていた」ようやく帰国の日本人(産経新聞)

 アイスランドの火山噴火の影響で欧州路線の欠航が続く中、日本航空のロシア発442便が20日午前、成田空港に到着した。ようやく帰国した日本人乗客らは、到着ゲートでほっとした表情を見せ、それぞれの目的地へ向かった。

 同便は乗客約180人を乗せて19日深夜、モスクワのドモジェドボ空港を出発。火山灰による空域制限を避けて飛行した。

 仕事帰りの際に足止めになったという団体職員の竹田宏之さん(36)は、「向こうではホテルで仕事をまとめながら滞在し、大使館に行ったり、ビザを延長したりして過ごした。キャンセル待ちで席を取り、何とか帰ってこれた」と喜びを語った。

 仕事でロシアに滞在していたという東京都大田区の会社員、増本幸雄さん(56)は「火山の煙がどこまで広がるのか心配で、現地滞在中は、ニュースばかりをみていた」と振り返った。

 自動車会社の社員としてロシアで勤務する加藤潤さん(34)も休暇で帰国しようとしたところ、欠航で足止めとなった。「出発の1時間前まで、出発できるかどうか分からなかった。キャンセルになる覚悟はしていた」と、当時の状況を話した。

 また、空港が再開されたローマからも乗客約320人を乗せた日航8400便が出発した。20日正午ごろ、成田空港に到着する。

【関連記事】
帰国支援で50臨時便 独ルフトハンザ航空
「空港閉鎖長期化なら欧州経済に深刻な打撃」GSが予測
EU、飛行禁止措置の段階的緩和で合意 運輸相がテレビ会議
【空飛ぶ技術 変わる経済構造】(上)糸が翼に 素材革命
エア・ドゥが羽田に緊急着陸 エンジンにトラブル
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

子宮頸がんワクチン 国の費用負担求める声(産経新聞)
<外国人男性刺殺>フィリピン人容疑者を逮捕…三重県警(毎日新聞)
ネット利用した選挙運動、参院選から解禁へ(読売新聞)
景気判断据え置き=4月の月例経済報告(時事通信)
<生活保護>「囲い屋」排除 申請段階で住宅提供 大阪市(毎日新聞)

「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会(医療介護CBニュース)

 財団法人職業技能振興会はこのほど、介護関連で「認知症ケア指導管理士」「福祉美容コーディネーター」「健康予防管理専門士」の3資格を創設した。7月に第1回の認定試験を東京都内で実施する。

 3資格はいずれも、高齢社会で必要な専門的スキルを習得し、雇用創出を目指したもの。試験は、認知症ケア指導管理士が7月と12月の年2回、福祉美容コーディネーターが7月と11月と2月の年3回、健康予防管理専門士が7月と11月の年2回実施する。2回目以降は都内以外にも試験会場を設ける。

 認知症ケア指導管理士は、認知症に特化した知識とスキルの習得を目指したもの。医療・介護の現場で働く人のスキルアップが期待でき、在宅介護の家族にも需要があると見込んでいる。福祉美容コーディネーターは、福祉施設の利用者がファッションを楽しむ手助けを、健康予防管理専門士は、企業や地域住民に健康維持のための指導を行う。


【関連記事】
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開
GH入居率向上で営業利益3.6倍―メディカル・ケア・サービス
高齢者虐待防止法、介護者支援重点に見直し検討―山井厚労政務官
介護保険制度や現場の課題めぐりケアマネらが意見交換
介護保険施設などの実地指導マニュアルを改訂―厚労省

内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持−時事世論調査(時事通信)
<仙谷担当相>中期フレームに消費税上げ方針(毎日新聞)
シャッター修理業の兄弟、技術悪用して事務所荒らし 大阪府警が最終送検(産経新聞)
<児童買春>男児ポルノを摘発 専門サイト主宰の男逮捕(毎日新聞)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)

美濃まつり 和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)

 和紙の里として知られる岐阜県美濃市で10日、「美濃まつり」が開幕した。ピンクの和紙で飾った「花みこし」が華やかに練り歩き、昔ながらの防火壁、うだつの上がる町並みに春本番を告げた。

 花みこしは大人みこしと子供みこしを合わせて31基。ピンクに染めた和紙を長さ約3メートルの竹に花びらのように飾り、それぞれのみこしに200〜300本取り付けた。大人みこしの重さは300キロ前後にもなる。法被姿の担ぎ手が「オイサ、オイサ」の力強い掛け声とともに担ぎ上げると、和紙の花が大きく揺れた。

 最終日の11日は、県指定重要文化財の山車6台の巡行がある。【山盛均】

車にはねられ中学生4人負傷 大阪・熊取(産経新聞)
<殺人容疑>21歳長男を刺した父親逮捕 茨城(毎日新聞)
医療機関の倒産、過去最悪の45件−昨年度(医療介護CBニュース)
「お袋」から顔、ワラビーの赤ちゃんスクスク(読売新聞)
<あっち向いてホイ>視床の関与を解明…北大医学部(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
情報商材
探偵事務所
情報商材レビュー
探偵社
菊花賞
探偵
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM