| main | 独法制度の廃止目指す=仕分けで再編、新形態を検討−枝野行政刷新相(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


桜と笑顔ほころぶ巣立ちの季節(読売新聞)

 東京都千代田区の日本武道館で23日、東洋大学(竹村牧男学長)の卒業式が行われ、色とりどりの着物やはかま、スーツを身にまとった若者たちが、ほころび始めた桜の下、晴れやかな表情を見せた。

 同大の今年の卒業生は約6000人。式典には保護者らも含め約1万人が出席し、学生生活を振り返りつつ新生活に思いをはせた。式典後、学生らは都内や近県のキャンパスに移動し、卒業証書を受け取るという。

あるか政権浮揚策 カギ握る仕分け、普天間移設(産経新聞)
小声で「間違いありません」=初公判で元首相秘書−東京地裁(時事通信)
強風で交通ダイヤが大荒れ 都内ではけが人も(産経新聞)
防衛相、午後から沖縄訪問 普天間移設問題で知事らと意見交換(産経新聞)
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに(医療介護CBニュース)

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • 11:40
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック